こちらの特集は終了しました。

  1. お中元、「のし」のいろいろ

サイトマップ

掲載期間:2018年6月15日(金)〜2018年8月15日(水)

お中元「のし」のいろいろ

TOPへ戻る

お中元、「のし」のいろいろ

お中元の「のし」はどうすればいいの? そんなお悩みにお答えします

お中元、「のし」のいろいろ

のし(熨斗)紙にはさまざまな使い方がありますが、お中元ののし紙のルールはご存じですか? 実は、お中元では「のし」をつける場合とつけない場合とがあります。そもそも「のし」とはどのようなものなのか、具体的な書き方やマナーなど、「のし」にまつわる基礎知識をご紹介します。

「のし」の由来

「のし」は、あわびを干した「あわびのし」を起源としています。「あわびのし」を作る際、あわびの肉を薄く長くのばしたものを乾燥させたことから、「長く伸びる」という意味になり、相手の「命が長く延びるように」「長寿延命」との願いを込めて贈り物の際に添えられるようになりました。
その後簡略化され、「のし」が印刷されたのし紙や祝儀袋が用いられるようになりました。それに加え、贈り物と一緒に目録をつけて贈るというしきたりも簡略化され、相手に中身を伝えるためにのし紙の表書きを書くようになりました。
のし紙は、結婚式や出産祝い、お中元、お歳暮などで贈り物に添えて用いられます。

「のし」の飾りの意味

「のし」とは、右上についた飾りのことを指します。「のし」は、あわびのしを由来としておりますので、魚介類を贈る際には「のし」を付けないこともあります。また「のし」がお祝いごとに使われるため、お見舞いや弔事の場合は「のし」をつけません。

のし紙にはどんな種類があるの?

贈り物には、水引と「のし」が入ったのし紙(掛け紙)を贈り物にかけて贈ることが正式のマナーです。のし紙は、贈り物をするシチュエーションによって、水引の結び方や色、「のし」の有無により使い分けます。
水引とは、贈り物を包む紙ひものことで、結び方によって意味が異なります。水引がちょう結びになっている「花結び」は、結び直しがしやすいことから、お祝い事などに用いられます。固く結んだ「結びきり」は一度結んだらほどけないことから、結婚や弔事などの際に用います。 また、水引の色によっても用途は異なります。紅白、金赤、金銀はおめでたい事に用いられ、黒白、黄白、銀のみ、白のみは、弔事などに用いられます。

お中元の「のし」の選び方とは?

お中元ののし紙を選ぶ際は、紅白または赤金の水引で、花結びになっているタイプを選びましょう。お中元は毎年贈るものなので、何度も繰り返したいという意味も込めて、結びなおしができる花結びがふさわしいと言われています。
のし紙をかける際は、商品の箱の中央に、のし紙の水引の結び目がくるようにします。その際、箱の上と下の包装紙が少し見えている状態が正しいとされているので、商品の箱の縦の長さより、少し短いのし紙を選ぶと良いでしょう。

お中元の「のし紙」の書き方は?

水引の上段に「御中元」または「お中元」と書きます。お中元の時期を過ぎてから贈る場合は、「暑中御見舞」や「残暑見舞」と書きます。目上の方に贈る場合は、「暑中伺い」または「残暑伺い」とするのがマナーです。
水引の下段には、上段よりも小さい文字で送り主の名前を書きます。のし紙に名前を入れる場合、名字だけかフルネームか悩む方もいますが、どちらでもかまいません。同姓の方が他に多くいる場合や、名字だけでは伝わらない場合はフルネームにすると良いかもしれません。
会社名を入れる場合は、2行にして、会社名と、部署名または個人名などを書きます。

お中元の「のし」のマナーは?

お中元を贈る際、中身が魚や肉など生ものには「のし」はつけません。かつお節、新巻鮭、鶏卵などの場合もつけませんので、注意しましょう。ただし、「のし」とは本来、のし紙の水引の上についている飾りのことを指します。のし紙自体をつけないということではなく、「のし」の飾りが入っていないのし紙を付ける必要がありますので、ご注意ください。

「内のし」「外のし」とは?

「内のし」「外のし」といった言葉をよく耳にする方も多いと思いますが、どのように使い分けするのでしょうか?
「内のし」は、包装紙の下にのし紙をかけることを指し、贈り物を配送でお届けする場合に用いられます。また、包装紙の上にのし紙をかけることは「外のし」といい、贈り物を手渡しする際に用います。

「短冊のし」とは?

のしと水引のついた通常ののし紙ではなく、のしの部分のみを短冊の形にしたものを「短冊のし」といいます。お中元やお歳暮、お年賀、内祝いなど、略式でもかまわない場合に用いられます。また、紙資源節約を目的とした簡易包装として「短冊のし」を用いる場合もあります。「短冊のし」の貼り方に悩む方もいらっしゃいますが、贈答品の正面の右上に貼るのが正式な方法です。

喪中のときの「のし」は?

お中元は、日頃の感謝の気持ちを伝えるものなので、贈る側や贈られる側が喪中であっても、問題はないとされています。ただし、四十九日があけていない場合は、時期をずらして暑中見舞いとして贈るか、のし紙の水引を避け、白無地ののし紙または短冊のしに、上書きに文字を書かない「無地のし」として贈りましょう。

まとめ

いかがでしたか? のしにまつわるマナーについておわかりいただけたでしょうか? お中元は日本に古くから伝わる風習なので、のしの基本的なマナーを身につけて、心から喜んでもらえるお中元を贈りましょう。

解決済み Yahoo!知恵袋の「お中元 のし」に関する質問

お中元ギフトを探したい方はこちら

注目のお中元ギフト

定番のギフトを種類で探す

価格でギフトを探す

ランキングで人気ギフトを探す

ALL JAPAN 地域の特産ギフトを探す