敬老の日2019 特集は2019年9月20日(金)をもって終了しました。
次回は2020月8月頃リリース予定です。お楽しみに!

  1. 敬老の日

敬老の日

次回「敬老の日2020」の開催は2020年8月リリース予定です。お楽しみに!

Yahoo!ショッピングの敬老の日ギフト特集では、贈ってうれしい、もらってうれしいギフトをたくさんご用意しております。おじいちゃん、おばあちゃんへ感謝の気持ちを伝えましょう。

敬老の日 豆知識

敬老の日とは? プレゼントは誰から贈る?

敬老の日とは、多年にわたり社会につくしてきたおじいさんやおばあさんを敬愛し、長寿を祝う日。9月の第3月曜日で、2019年の敬老の日は9月21日(月、祝日)です。敬老の日のプレゼントは、本人の名前で祖父母へという方に加え、子どもの名前で両親へ贈る、という方も増えています。

敬老の日のプレゼント、平均予算や人気の贈り物は?

2019年も引き続き定番のカステラなどの和菓子や季節感のある果物、おじいちゃんが喜ぶ日本酒などのお酒や、おばあちゃんにうれしいユリやりんどうの花など、幅広い商品が売れました。家族で楽しめる焼き肉や海鮮セットも人気がありました。

敬老の日、人気・おすすめのプレゼントは?

イメージ画像

敬老の日ギフトの一番人気は生菓子、まんじゅう、カステラなどの和菓子です。昨年人気だったのが縁起のよいタイの和菓子、次に人気なのが花です。敬老の日に長寿のお祝いや尊敬の気持ちを込めて贈る秋の花、りんどうの鉢花や美しさがずっとつづくプリザーブドフラワー、アレンジメントでは和風アレンジが好評でした。また、カニしゃぶなどの海鮮グルメも家族みんなで楽しめます。特別感のある世界にひとつだけのプレゼント、名入れギフトも毎年の人気です。

最新の敬老の日プレゼント事情をチェック

購入先はインターネットが約5割! 予算額は5,000円以下が約8割を占める結果に。

グラフ

購入先はインターネットショッピングが約5割を占め1位でした! 理由としては「配送が楽」「品ぞろえが豊富」「パソコン、スマホから簡単に購入できる」の順になりました。その他にも「ゆっくり悩める」「いろんな品物を一度に比較できる」という意見も。
時間を選ばず、多くの商品を比較できて、簡単に配送ができる、という多くのメリットがあるのはやはり魅力的ですよね。

グラフ

プレゼントを選ぶ際に気を付けていることの1位は「普段使いできるか」で、4割以上を占めていました。以下、「今まであげたものとかぶらないようにしている」「欲しいものを事前に聞く」と続きました。せっかくプレゼントを贈るなら、喜ばれたい、使ってほしい、という贈り手の気持ちが垣間見えますね。

グラフ

予算額は、約8割の方が5,000円以下のプレゼントを購入しているようです。そこまで高額なものというわけではなく、金額よりもプレゼントの内容自体にこだわっている、というところでしょうか。

おじいちゃん、おばあちゃんが本当に欲しいものはなに?

<おじいちゃん編>
やはり、一番欲しいプレゼントはお酒。【贈る側】もそれはよく分かってるようで、贈ろうと思っているプレゼントでも1位でした。
ここで気になるポイントは、贈ろうと思っているプレゼントの上位にあるファッション小物や健康グッズは、おじいちゃんがそこまで欲しいと思っていない!? ということ。それよりも、和菓子や洋菓子などのスイーツのほうが喜ばれるという結果に。合わせて飲料(コーヒー、お茶など)も4位に入っているので、お酒が苦手なおじいちゃんには、甘いものと飲料のセットも喜ばれるかもしれません。

グラフ

<おばあちゃん編>
おばあちゃんが欲しいプレゼントのトップはお菓子。ただし今回の調査で分かったことは、【贈る側】は和菓子を贈ろうと思っているけど、おばあちゃんは和菓子よりも洋菓子が欲しいと思っているということ。おばあちゃんは和菓子のほうが好き、というイメージが強いかもしれませんが、実は洋菓子のほうが好き、というおばあちゃんも多いようですね。

グラフ

ちなみに、おじいちゃん、おばあちゃんともに欲しいプレゼントで商品券、ビール券、旅行券などの金券が2位にランクイン。過去に喜ばれた金券としては、定番の旅行券、商品券の他に、大相撲観戦、プロ野球観戦、吉本新喜劇、USJ、美術館、行きたがっていたお芝居のチケットなどもあったようです。
欲しい、行きたいけど自分ではなかなか購入しづらいチケットをプレゼントされるのは本当にうれしいようです。

残念! せっかくプレゼントしたのに……失敗エピソード

良かれと思って贈ったプレゼントも、必ずしもおじいちゃん、おばあちゃんの反応が良いことばかりではないようです……

「アクセサリー小物をあげたが、デザインが気に入らなかったみたいであまり喜んでもらえなかった」
「アパレルの仕事をしていたので、おしゃれにはこだわりがあるので 気に入らないものは全く手をつけない」
「あまり日もちがしないお菓子を贈ったら、期限までに食べきれるか心配そうだった」
「おしゃれなファッション小物をあげたら、もったいないと使ってくれない
「お菓子。兄弟や知り合いからの贈り物とかぶり、菓子箱が山積みになっていた」
サイズが合わない服を贈ってしまった」
「せんべいを贈ったが、硬くて入れ歯に傷が入った
IHなのに、IH非対応のフライパンセットをあげてしまった」
「義母にレジャーの体験ギフト券を贈ったら近隣で使える施設がなかった
・調査対象 敬老の日にギフトを贈る側の10代~60代、男女4,445人
      敬老の日にギフトを貰う側の30代~80代、男女1,696人
・調査方法 インターネット調査
・調査期間 2019/06/21 ~ 2019/06/26
・調査会社 Yahoo!クラウドソーシング
※グラフの構成比は小数点以下を四捨五入しているため、合計しても必ず100%とはなりません