こちらの特集はただいま開催期間外です。

告知

3/1~ 超PayPay祭 最大25.5%付与・5月~ 大型企画 最大27.5%付与 その他お得なクーポン・抽選企画・セール(最大70%OFF)など、施策盛り沢山その他予定 ※日程・内容は変更になる場合があります。

お歳暮ガイド ~マナー&トレンドリサーチ  冬ギフト特集

アイコン

気になる! お歳暮・冬ギフトのマナー

意外に知らない? 知っておきたいお歳暮・冬ギフトのマナーをご紹介。

image

アイコン

お歳暮とは

お歳暮とは、年末の時期にお世話になった相手へ感謝の気持ちを伝えるための贈り物です。目上の人に贈るのが慣用ですが、誰に渡すかの決まりはないため、両親や友人に贈る人もいます。ただし、一度お歳暮を贈ると毎年継続するのがマナーのため、関係が長く続く人を対象に選ぶのが基本です。

アイコン

お歳暮を贈る時期は? 相手が喪中の時は?

お歳暮を贈る時期は地域で差があり、関東では11月末〜12月20日頃、関西では12月10日〜12月20日頃に贈るのが一般的です。年末はイベントも多く忙しいことが予想されるため、早めに手配することがおススメ。相手が喪中の場合には、四十九日を過ぎた頃合いに寒中見舞いを贈りましょう。

アイコン

お歳暮ギフトののしは?

お歳暮ギフトののしには、水引(飾り紐)が紅白の蝶結びのものを選ぶのがマストです。相手と自分のいずれかが喪中の場合には、水引なしのシンプルなかけ紙や短冊を使用しましょう。ただし、相手が目上の場合には正式なかけ紙を使用してください。

アイコン

間に合わなかったときは?

どうしても準備が間に合わなかった、また忙しさから準備を忘れてしまった、という場合は、品物を包むのし紙の表書きを「御年賀」または「寒中御見舞」に変えて贈るという方法があります。

「御年賀」はお歳暮が終わってから、松の内までの期間に使うことができる言葉です。
※松の内の期間は、主に関東の場合は年明けから1月7日まで、関西では年明けから1月15日までを指します。

一方、「寒中御見舞」は松の内が過ぎてから立春(2月4日頃)の時期まで使用します。松の内や立春は、地域やその年によって日付が変わるので、カレンダーなどであらかじめ確認しておくと良いでしょう。

アイコン

お歳暮をいただいたら?

親しき仲にも礼儀あり。「もらいっぱなし」ということがないようにしましょう。

image

アイコン

なるべく早めにお礼のあいさつを

お歳暮を贈ってもらった相手の心遣いに対して感謝の気持ちを伝えることが主目的ですが、お歳暮が無事に届いたことを知らせる役割もありますので、受取った後にできるだけ早くお礼状を出すように心がけましょう。すぐに出すことが難しい場合は、まず電話かメールでお礼を伝え、遅くとも1週間以内には送付しましょう。

アイコン

お歳暮・冬ギフトのお返しは必要?

お歳暮はお世話になった方へ、感謝の気持ちをこめて贈ります。したがって、お祝いの品と違って、お返しをする必要はありません。とはいえ、いただいてばかりでは気が引けるという場合には、受け取った品物の半額から同額程度の品を贈るようにしましょう。あまりにも高価な品物を贈るのは、「いただいたお歳暮を断る」と暗に伝えていると思われる場合がありますので注意しましょう。

アイコン

お歳暮・冬ギフト トレンドリサーチ

20歳以上の男女3,000人に大調査!
贈り先やもらって嬉しかったもの、予算など、みんなのホンネをご紹介。喜ばれるギフト選びの参考にしてみてください。

アイコン

贈り先はどのような方ですか?

image

「親、両親」「親戚」など、親族へのギフトが多数

昨今では、「職場の上司、同僚」「取引先」など仕事に関わる方々への贈り物はそれほど多くはないようです。
少数意見では、「習い事の先生」へ贈る方もいらっしゃいました。

アイコン

今年、何件くらい贈る予定ですか?

image

「2,3件」の方が約半数

1~3件で約8割を占めましたが、「11件以上」贈る方も少数ですがいらっしゃいました。

アイコン

予算はどのくらいですか?

image

1件当たりの予算は3,000円台、4,000円台が約6割

上記の値段が主な相場と言われていますが、相手との関係性や、相手の年齢によって予算を考えると良いでしょう。
一般的なお付き合いの方(家族、親戚、知人など)は3,000~5,000円程度、お世話になっている上司や取引先の方は5,000円程度、特にお世話になっている方は5,000~10,000円程度、が主な予算相場です。

また、お歳暮は毎年続けて贈るのが一般的で、来年以降に予算が下がってしまうのは失礼にあたるため、来年以降も続けて贈ることのできる、無理のない予算を考えて贈りましょう。

アイコン

もらって一番嬉しかった贈り物は何ですか?

image

「お菓子・スイーツ」が圧倒的に大人気!

次いで、「ビール・お酒」や「ハム・惣菜」と定番の贈り物がランクイン。
最近体験ギフトなど多岐にわたる商品を扱っている「カタログギフト」も人気のようでした。

嬉しかった理由としては
・お菓子が嫌いな人は、それほどいないと思います
・お高めのスイーツが一番うれしい
・お歳暮にハムを毎年頂きます。このハムが年末年始のオードブルにぴったりで重宝しています
・カタログギフトで普段買わないけど、食べたいもの(ブランド米やスイーツ)と交換するのが嬉しかった
・ご当地ビールや地酒をいただいて、いつもと違うお酒が飲めたので、とても嬉しかった

普段はなかなか購入しないけど、もらえると嬉しい! という意見が多数ありました。

アイコン

もらって正直困ってしまった贈り物は何ですか?

image

まさかのタオル類が1位

「その他」の意見で、「いただいたもので困ったものはありません」と回答した方が多数あった中、タオル類が1位、次いで「ビール・お酒」が2位の結果に。「魚介・海鮮」もランクイン。

困った理由としては
・タオルは既にたくさん持っているし、かさばるから
・アルコールはあまり飲まないから
・ほたてを殻から調理しないといけない物だったので戸惑いました

アルコールやコーヒーなど、好まない方に贈るとやや迷惑になることもあるので、要注意です。相手の好みがわからないときは、自由度の高い「カタログギフト」を贈るのもおすすめ。
また、調理しにくいものや消費期限が短いものも事前に確認が必要でしょう。

アイコン

購入の際に重視されることは何ですか?

image

「価格・予算」と「味、品質」を重視

贈り物の特性上「価格・予算」と「味、品質」を重視される方が多いようです。
コメントでも「贈り先の好み」など味にまつわる記載がとても多かったです。
また「相手の家族構成を考慮します」と気遣う方もいらっしゃいました。

アイコン

どこで購入する予定ですか?また、そこで購入する理由は何ですか?

image

「百貨店・デパート」、次いで「EC・通販サイト」の順に人気

「百貨店・デパート」と回答した方の理由としては、「実際に見て選びたい」、また「デパートの包装紙がお歳暮を格上げしてくれるから」という方もいらっしゃいました。
昔からの信用度の高さが分かります。
また、「EC・通販サイト」と回答した方は、「他の商品と比較しやすい」「簡単に注文できる」が主な理由。

ぜひ皆さんの意見を参考に、お目当てのギフトを探してみてください。

・調査対象 20歳以上の男女3,000人
・調査方法 インターネット調査
・調査期間 2023年9月26日~9月27日
・調査会社 Yahoo!クラウドソーシング
※グラフの構成比は小数点以下を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100%とはなりません

アイコン

サイトマップ

こだわり条件を追加

キーワード
カテゴリ
価格 円〜
条件