行動ターゲティング広告の特色

Yahoo!ショッピングでは、お客様により有益な広告を表示する手法の一つとして、お客様の興味関心に関連した広告を表示する「行動ターゲティング広告」を、Yahoo!ショッピングおよびパートナーメディアのサイトを対象に配信しています。

行動ターゲティング広告が配信されることによって、お客様の興味関心に関連した広告がより多く表示されるようになります。例えば、お客様がYahoo!ショッピングで腕時計の商品ページを閲覧した後は、腕時計に関連する広告が表示される可能性が高くなります。

興味・関心を把握するために利用している情報について

興味・関心を把握するために、Yahoo!ショッピングを訪れたお客様の情報をクッキー(ウェブサイトにアクセスした際に一時的に作成、保存される情報)を用いて蓄積しています。

ただし、蓄積している情報は、Yahoo!ショッピング内でのページ閲覧履歴、商品の購入履歴などであり、直接特定の個人を識別できる情報ではありません。なお、Yahoo!ショッピングが上記の履歴を蓄積する期間は、目的に応じて以下のとおりです。

  • 興味関心別に分類する目的のために蓄積する各種履歴:最大1年
  • 広告を配信する目的のために蓄積するページ閲覧履歴:最大1年

行動ターゲティング広告の無効化について

行動ターゲティング広告の表示を希望されないお客様は、表示を無効にする設定ができます。
無効化後も引き続き、行動ターゲティングによらない広告は表示されます。


設定変更後の配信システムへの反映に最大で49時間かかるため、手続き完了後も、配信停止の設定が反映されるまでは行動ターゲティング広告が掲載されたニュースクリップが届くことがあります。ご了承ください。

ヤフーショッピングアプリ内のIDFA、Advertising ID(※)を利用した行動ターゲティング広告無効化の方法についてはこちらをご覧ください。
※ IDFA(Identification For Advertisers)はApple社が、Advertising ID(広告ID)は、Google社が発行する広告用の一時的なIDです。

Yahoo!ショッピングでは、お客様により有益な広告をお届けするために継続的に新しい配信方法を研究開発しており、開発の一環として新しい配信方法のライブテスト(試験的な配信)を行っております。なお、期間や対象者などを限定して行うライブテストでは「行動ターゲティング広告の無効化」の設定をされているお客様にも配信される場合がありますが、様々な無料のサービスを支えている広告をより有益なものにしていくためのものであり、限定したテストに限ってのものとなりますので、ご了承ください。