ホワイトデーお返し特集2020は2020年3月31日(火)をもって終了しました。
次回は2021年2月頃リリース予定です。お楽しみに!

  1. ホワイトデー

ホワイトデーお返し特集

次回「ホワイトデー2021」の開催は2021年2月リリース予定です。お楽しみに!

ホワイトデーのスイーツ、プレゼントを買うならYahoo!ショッピングで! ホワイトデーにチョコやお菓子をはじめ、人気ランキングを掲載予定です。彼女や妻へのおしゃれなギフト、友人や職場へのまとめ買い用など来年もご期待ください。

ホワイトデー 豆知識

ホワイトデーの由来

イメージ画像

ホワイトデーというイベントが始まった起源は諸説あるといわれています。「キャンディの日」としてキャンペーンを始めた全国飴菓子工業協同組合(全飴協)、「マシュマロデー」を打ち出した福岡市の老舗菓子屋「石村萬盛堂」などを起源とする説が有名です。「ホワイトデー」という名称は全飴協によると純潔のシンボルである白(ホワイト)から命名されたとしています。その他、砂糖の色であるホワイトを起源とする説やマシュマロの白にちなんだとする説など、「ホワイトデー」の語源も諸説あるようです。

ホワイトデーがあるのは日本だけ?

「バレンタインにチョコレートを贈る」という文化は日本のお菓子メーカーが行ったプロモーションであることは有名ですが、そのお返しであるホワイトデーも日本独自のイベントです。もらった物にお返しをするという日本の文化から定着したのかもしれませんね。欧米ではこのようなイベントはありませんが、韓国、台湾、中国などアジアの一部では日本の影響を受けて定着しているそうです。

イメージ画像

男女2,000人に聞いた! トレンドリサーチ

昨年にホワイトデーギフトを贈った男性1,000人、ホワイトデーギフトをもらった女性1,000人に本音調査! ギフトを贈るにあたっての悩みや、もらったギフトに対する満足度などリサーチしました。購入の参考にしてみてください!

男性1,000人に聞きました

昨年ホワイトデーギフトを贈った男性1,000人に聞きました

誰に贈りましたか?

誰に贈りましたか?

約6割の方が「彼女、妻、パートナー」に贈ったと回答されました。
大切な方にしっかりプレゼントをされているようです。
相手の方やホワイトデーへの想いが伝わるといいですね。
次いで、「同僚、上司、部下」「母、姉妹、親族」がそれぞれ25%前後。「彼女、妻、パートナー」に贈る割合の半分以下でした。
「その他」では“普段からお世話になっているショップやクリニック、行きつけのお店の人”に贈った方もいらっしゃいました。

何を贈りましたか?

何を贈りましたか?

1位には「クッキー、焼き菓子」が輝き全体の約半数を占めました! 種類や価格の豊富さ、日持ちの良さなどが選ばれる理由でしょうか。
2位の「チョコ」に次いで、3位には「ケーキ」がランクイン。3月14日のホワイトデー当日にケーキをプレゼントされる方も多いようです。
「その他」の贈り物では、“書籍”や“お酒”のほか“焼き肉”や“旅行”、さらには“現金”という方も! 
十人十色、皆さん贈る方を想ったステキなプレゼントを考えているようです。

1件あたりのご予算・金額はいくらでしたか?

1件あたりのご予算・金額はいくらでしたか?

1件あたりのご予算では約半数の方が「1,000円未満」と回答。
2位の「1,000円~1,999円」をあわせると80%超の方がお手頃価格でホワイトデーのギフト選びをしているようです。
気持ちは伝えつつもコストパフォーマンスの良いプレゼントを選んでいるのですね。

ホワイトデーギフトを贈るにあたってお悩みや困ることはありましたか?

ホワイトデーギフトを贈るにあたってお悩みや困ることはありましたか?

約3割の方がホワイトデーギフトに悩みや困りごとを抱えているようです。
具体的には、“何を贈れば喜ばれるのか”“毎年同じようなものになってしまう”という好みや品物選びの悩み、“費用対効果”や、贈り物が“安すぎても高すぎても問題なので1個あたりの予算”に迷うなどコストパフォーマンスやバランスを意識した悩みがありました。また、“渡すタイミング”などの悩みごとが寄せられました。
渡したプレゼントをお相手がどう思うかは気になりますね。

以下、女性1,000人の本音をチェックしてみましょう!

女性1,000人に聞きました

昨年ホワイトデーギフトをもらった女性1,000人に聞きました

誰からもらいましたか?

誰からもらいましたか?

こちらも約6割の方が「彼氏、夫、パートナー」からもらったと回答されました。次いで「同僚、上司、部下」「父、兄弟、親族」からのプレゼントがそれぞれ約23%ずつ。
4番目の「友人」が20%弱と、ホワイトデーでも女性同士でのギフト交換や、友だち以上・恋人未満の相手からのプレゼントがあるのかもしれません。

何をもらいましたか?

何をもらいましたか?

「クッキー、焼き菓子」がダントツでした。8割以上の方が「クッキー、焼き菓子」または2位の「チョコ」をプレゼントされているようです。
今年人気のお菓子、スイーツにはどんなものがあるか気になりますね! 
「その他」では“コスメ”“フラワーギフト”や“お寿司”“ワイン”など。さらには“現金”や“ペット”という方もいらっしゃいました。

もらったものに満足しましたか?

もらったものに満足しましたか?

さらにさらに、もらったものに満足しているかも聞いてみました!
こちらはなんと95%を超える方が「はい」と回答。
「はい」の理由としては、“好きなものだから”“おいしかったから”“気持ちが嬉しい”“私のために選んでくれた物だから”など心温まる理由も。
おいしくて、気持ちも伝われば最高ですね。
一方、「いいえ」の理由としては、男性の悩みにもあった“いつも同じものをもらっているから”“好みのものではなかったから”という声が多かったですが、中には“もう少し気持ちがこもったものがよかった”“もうちょっと奮発して欲しかったな”との意見も。
これは事前のリサーチが欠かせませんね……。

今年もらうとしたら何が欲しいですか?

今年もらうとしたら何が欲しいですか?

最後に今年の欲しいものをチェック! 
ほぼ同率で「クッキー、焼き菓子」「チョコ」が1位2位の人気を占めました。昨年もらったものと比較すると「ファッション、バッグ、アクセサリー」「コスメ」「フラワーギフト」といった食品以外のギフトを望む声も多いですね。
コスパ重視とはいきませんが大切な方に喜んでもらえるよう候補に入れてみてもいいかもしれません。
「その他」の回答では、“なんでもいい”“なんでも嬉しい”という意見の一方、“現金”“ギフト券など自由に使えるもの”という即物的(?)な声も見られました。
男性の皆さんぜひ参考にしてみてください。
・調査対象 前年ホワイトデーにギフトを贈った・もらった、20代~50代の男女2,000人
・調査方法 インターネット調査
・調査期間 2020/1/9 ~ 2020/1/10
・調査会社 Yahoo!クラウドソーシング
※グラフの構成比は小数点以下を四捨五入しているため、合計しても必ず100%とはなりません