バレンタイン特集2018は2018年2月14日(水)をもって終了しました。
次回は2019年1月頃リリース予定です。お楽しみに!

  1. バレンタイン特集

バレンタイン特集

次回「バレンタイン2019」の開催は2019年1月リリース予定です。お楽しみに!

バレンタイン2019のチョコレート、プレゼントを買うならYahoo!ショッピングで! 彼氏、上司、同僚、友達に喜ばれるおすすめスイーツや人気ランキング、おしゃれでかわいいチョコレートをご用意しています。

バレンタイン 豆知識

バレンタインデーとは?

バレンタインデーは、愛の司祭・聖バレンタインを祝う日とされています。その昔、ローマ帝国では強兵策の一つとして兵士の結婚を禁じていました。これに反対したローマの司祭・聖バレンタインは、ひそかに多くの兵士たちを結婚させていました。皇帝の怒りをかった聖バレンタインは西暦270年2月14日に処刑されました。以来この日は、聖バレンタインの死を悼む宗教的行事でしたが、14世紀ごろから愛の告白をする日に変わってきたといわれています。日本では、昭和50年ごろから女性から男性へチョコレートを贈る日として定着してきました。

バレンタインチョコの予算、相場はいくら?

バレンタインチョコにかける相場は300円~3,000円程度で、贈る相手によって贈る意味合いも予算も変わってきます。意中の男性や恋人などへ贈る「本命チョコ」が2,000円~3,000円程度、上司や同僚、男友だち、家族などへ贈る「義理チョコ」が1,000円未満、女友だちへ贈る「友チョコ」が300円~500円程度、自分へのご褒美として買う「マイチョコ」が1,000円~2,000円程度となっているようです。近年では、男性から女性へ贈る「逆チョコ」も増えてきており、予算は1,000円~3,000円程度となっているようです。

毎年人気のバレンタインギフトはコレ!

毎年人気のバレンタインチョコは、「トリュフ」、「ガトーショコラ」、「チョコレートボンボン」、「ガナッシュ」、「高級ブランドチョコ」など。Yahoo!ショッピングでも人気の「ザッハトルテ」、「生チョコ」、「和チョコ」などもおすすめです。本命チョコには、感謝の気持ちや愛情を込めたプレゼントを添えて贈るのが主流となっています。本命チョコに添えるプレゼントの相場は3,000円~10,000円前後で、シャツ、ネクタイ、マフラーなどのファッション小物やアクセサリー、時計なども人気商品のようです。

バレンタイン 本音調査2018

バレンタインのプレゼントは誰に贈っているの? 予算はどれくらい? どこで購入? 気になることを調査してまとめました。

今年はバレンタインのプレゼントを贈りますか。

“贈る”方が半数以上という結果に!
何かしらをバレンタインに贈ると答えた方が64.5%と半数以上を占めましたが、まだわからないと答えた方も19.8%という結果に。最近の傾向として、お世話になっている方へ「日頃の感謝」の意味を込めてバレンタインプレゼントを贈る方が増えているようです。バレンタインという機会を上手に活用して、とびっきりの「ありがとう」を伝えてみてはいかがでしょうか。

バレンタインギフトはどこで購入しますか。

購入場所については、「百貨店」40.1%がトップ!
百貨店は、世界各国や国内の専門店が集まるので選択肢が豊富。また、百貨店によってチョコレートブランド店のラインアップはさまざまなので、百貨店を何軒かはしごすることもありそうです。2位は総合スーパー、食品スーパーの28.7%。より身近で値段も手ごろなスーパーで購入する予定の人も多いようです。3位はインターネットショッピングの16.7%。ネットでしか買えない限定商品もあるので、職場や学校で義理チョコや友チョコをたくさん配らなくては! という大量購入派の人に通販はとてもおススメです。ネットなら一度にまとめて安く購入できるかも!

バレンタインのチョコ・スイーツを購入する際に何を重要視するか教えてください。

購入する際に重要視するのは「価格」!
半数近くの43.8%の方が価格を重要視していることが分かりました。贈る相手別に予算に合わせて、チョコレート選びをしている方が多いようです。レビュー・口コミから選ぶ方は19.3%、お試しして選ぶ方は18.4%。バレンタイン時期に数あるチョコレートの中からお気に入りのチョコレートを探すには、口コミなども確かに気になりますよね。ランキングから選ぶ方は12.3%、その他は6.1%という結果に。

プレゼントを贈る相手を教えてください。

“本命”に贈るという方が約3割
本命と答えた方の内訳をみると「夫」や「子ども」に贈る方が多く、家族など“大切な人と過ごす日”ととらえる方が多いようです。友人・知人に贈る方14.6%、親に贈る方14.1%、職場の上司・同僚に贈る方12.8%と、職場の仲間や友達とのコミュニケーションのひとつとしてバレンタインプレゼントを贈る傾向もあるようです。さらに自分用にという方も12.7%。自分へのご褒美として“自分も楽しむイベント”と考えている方も多いようです。
※他、「その他:18.0%」

本命向け

贈るチョコレート・スイーツの予算はいくらの予定ですか。

本命向け予算のボリュームゾーンは僅差で「1,001円~2,000円」が1位!
1位は1,001円~2,000円、2位は僅差で501円~1,000円という結果でした。また、3,001円以上の「高額チョコレート」を購入予定の方も、チョコレートの金額が、愛情の深さに比例することはないでしょうが、3,001円以上のチョコレートを贈られる男性はどんな気持ちでチョコを味わうのでしょうか。気になりますね。

どんなチョコレート・スイーツを贈る予定ですか。

安定の“定番人気チョコ・スイーツ”が1位に
バレンタインシーズンになると王道ブランドのチョコレートから個性的なものまで、幅広いチョコレート商品が街中にあふれ、何を選んだらいいか分からないという方も多いのではないでしょうか。45.7%と、約半数の方が定番の人気チョコを贈る予定という結果に。それに続いて、ブランドチョコ19.6%、高級チョコ7.4%、お酒入りチョコ3.6%と、やはり本命向けには贈る相手に喜ばれ予算範囲内で購入できる定番人気チョコ・スイーツを選ぶ方が多いようです。
※他、「プレゼントしない、本命はいない:23.7%」

チョコ・スイーツ以外のアイテムをプレゼントする予定ですか。

過半数がチョコ以外のアイテムはプレゼントしないという結果に
過半数の78.1%の方がチョコ・スイーツ以外のアイテムをプレゼントしないと回答。チョコレート以外に渡すプレゼントには、どんなものが選ばれているのでしょう。「メンズ小物」が12.5%と、チョコレートにちょっとプラスして贈りやすいアイテムとして選ばれているようです。男性へのプレゼント選びはなかなか悩ましいものですよね。人気のある定番のものなら外しませんが、ちょっとユーモアのある雑貨も意外と好評かも!? せっかくのバレンタインデーですから、ぜひ彼に喜んでもらえるプレゼントを贈りましょう。

友人・知人向け

贈るチョコレート・スイーツの予算はいくらの予定ですか。

“友チョコ”は「501円~1,000円」が1位。気軽なチョコを選ぶ女性が多い!
バレンタインの友チョコはたくさん配ることもあり予算的にプチプラ傾向。500円以下と答えた方が2位でした。しかし、友人だからこそ気を抜いたものを贈れないのも実情ですよね。1,001円~2,000円と答えた方、2,001円~3,000円と答えた方も、大切な友人に感謝の気持ちを込めて、プチプラだけどこだわりがある、オシャレなチョコレートをプレゼントするのもひとつの手ですよ。

どんなチョコレート・スイーツを贈る予定ですか。

本命向けに続き、友人向けにも“定番人気チョコ・スイーツ”が人気
定番人気チョコ・スイーツを贈る予定と答えた方は22.5%。友人・知人には定番チョコを贈りたいという傾向に。次に、配りやすい個包装チョコ・スイーツを贈る方が14.5%という結果に。友人にはおしゃれでこだわりがあるプレゼントをしたいという表れでしょうか。9.8%の方が見た目にこだわりのあるチョコレートを贈る予定と答えました。まとめ買いチョコは5.5%、高レビューチョコは4.6%という結果に。
※他、「友人・知人には贈らない:43.0%」

職場の上司や同僚向け

贈るチョコレート・スイーツの予算はいくらの予定ですか。

1位は「501円~1,000円」
職場の上司や同僚に贈る“義理チョコ”であってもコンビニエンスストアで日頃買っている板チョコとはモノが違うことは予算を見てもわかります。2位は「500円以下」という結果に。“義理チョコ”といえば、何となくワンコインで買える範囲のものを想像してしまいがち。今回のアンケートの結果を見ても、やはりそこまでお金をかけずに皆さん準備をしているようですね。

どんなチョコレート・スイーツを贈る予定ですか。

配りやすい「個包装チョコ・スイーツ」が18.8%と人気!
お世話になった方へ感謝の気持ちを込めてチョコレートを用意するとなると個包装になっていて大量に入っているチョコレートがやはり人気ですよね。安めなまとめ買いチョコが9.6%と、こちらもばらまきとしての需要が多いという結果に。その他、高レビューチョコ4.6%、ワンコインチョコ3.9%、ランキング上位チョコ2.1%と、値段や口コミよりも「配りやすさ」が重要視されているようです。
※他、「職場の上司・同僚には贈らない:60.0%」

自分向け

チョコレート・スイーツの予算はいくらの予定ですか。

自分向け予算のボリュームゾーンは「1,001円~2,000円」!
自分へのご褒美としてチョコレートを購入する予算で多かったのは「1,001円~2,000円」。2位は501円~1,000円という結果でした。仕事や何かを頑張った自分へのご褒美としてもちょうどいい値段なのかもしれませんね。また、本命チョコを探しているうちに自分が食べたいチョコレートが見つかってつい買ってしまったという方も多いのでは?

どんなチョコレート・スイーツを買う予定ですか。

自分へのご褒美として人気なのは「限定チョコ・有名店チョコ」
それぞれ約14%の方が「限定チョコ」「有名店チョコ」を購入する予定とのこと! バレンタインの時期にしか食べられない限定品やこのシーズンだからこその有名店チョコを選ぶ方が多いことがわかりました。奮発して普段はめったに食べる機会がない高級チョコレートを購入しようとしている方も! 高レビューチョコは3.8%と少なめ。自分向けチョコレートを選ぶ際には、レビューはあまり気にしていない人が多いようです。
※他、「自分向けには買わない:56.1%」

・調査対象 バレンタインプレゼントを検討している 20~59歳 女性1,826人
・調査方法 インターネット調査
・調査期間 2017年10月19日~11月2日
・調査会社 Yahoo!クラウドソーシング
※グラフの構成比は小数点以下を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100%とはなりません

バレンタイン特集2018のレビュー

バレンタイン2018は引き続きチョコレートギフトが人気となりました。特にお配り用の低単価商品がバレンタインギフトの定番となっています。

■今年の傾向、トレンド
恋人や友達へのプレゼントだけでなく、自分へのご褒美としてチョコレートを買う傾向も主流となったバレンタイン。今年は、国内外のブランドや見栄えのいい「インスタ映え」するチョコを求める女性が多かったようです。
自分用平均予算のほうが、義理チョコの平均予算予算よりも高い傾向にあるようです。