閉じる

キーワード
  • すべてを含む
  • いずれかを含む
  • 除外する
検索範囲
カテゴリ
送料
配送
販売の状態
商品の状態
価格帯
  • 円~
出品者
支払い方法

お買い物まとめ

お買い物まとめを検索する

お手入れでバイクをピカピカに!

お手入れでバイクをピカピカに!

愛車が汚れていると、気分まで下がってしまいます。正しい知識をつけて、便利グッズを使えば、お手入れは意外と簡単! 慣れれば、お手入れが休日の楽しみになること間違いなし!

作者
編集部Z-A(4件)
作成日
2015/09/11

水洗いアリ? なし? ~正しい洗車でピカピカに!

手軽な移動手段であるバイクは汚れやすいという弱点もあります。雨でつく汚れ、砂ぼこりでつく汚れ、油の汚れなどなど。「重労働」「機械には詳しくない」と躊躇せずに、洗車してみましょう。大変そうに思える洗車も、慣れれば10〜15分ほどでサッパリきれいになるんです。

ただし、なかには注意点もあります。
・ エンジンが十分に冷えているときに行う
・ 水圧の高い高圧洗車機などは使わない
・ 電気系統やマフラーなどは水を使わない

主に金属で形成されるバイクは、基本的には雨の中でも走れるように当然ながら防水設計で作られている。しかしやはり精密機械であることに変わりはなく、水のかかり方によってはNGな場合もある。

出典:for Ride

注意点を踏まえた上で、洗車に役立つグッズを紹介しましょう。

正しいワックスのかけ方をマスターしよう

洗車の後はワックスで仕上げをしましょう。ワックスは強くこすり付けたりしないことが大切。
研磨材が入っているため、力を入れてこすり付けると傷の元になってしまいます。
あくまで軽く塗って拭き取るイメージです。

チェーンは汚れ落としとオイルをさしてメンテを

洗車をすると、どうしても油が流れてしまうことがあります。
そのため、洗車後はオイルをさしてメンテナンスしましょう。
特にチェーンにはオイルが不可欠。チェーンの汚れを落とし、オイルをさすだけでチェーンの寿命は格段に延びます。
また、オイルはディスクやパッドにつくとブレーキがきかなくなるので危険です。注意して扱いましょう。

ていねいな保管でバイクを守ろう

バイクはデリケートな乗り物です。強い日差しでカラーリングがはがれることも、雨でさびることも、風で飛んできた砂埃などでキズがつくこともあります。保管の一手間をかけることで、ピカピカを保ちましょう。

日頃からお手入れをすることで、バイクを美しく保つだけでなく、バイクの寿命も延ばすことができます。ツーリングもお手入れもバイクライフの一部。楽しんでお手入れしましょう!

※「お買い物まとめ」の記事内容は、記事作成時点の作者の認識に基づきます。

今、売れました

随時更新

閉じる

最大倍率もらうには?

+1倍
ストアポイント
+4倍
Yahoo!プレミアム会員限定!Tポイント5倍!
開催期間:2016/9/30 23:59まで
特典画像
今すぐ会員登録
+2倍
条件ありお支払い
Yahoo! JAPANカードご利用で毎日Tポイント3倍
開催期間:2017/3/31 23:59まで
詳細を見る
最大7倍のチャンス

  • お支払い
    記載の倍率分のポイントを獲得するためには、カートで記載のお支払い方法を選択する必要があります。
    またそれ以外にも諸条件が設定されている場合があります。
  • 注意事項:ポイントキャンペーンや特典内容には諸条件があります。
    当該ポイント倍率分のポイント数を獲得できない場合もありますので、ご注文する前に必ずキャンペーンページをご確認ください。
    キャンペーンの開催期間や特典内容および適用条件を、予告なく変更する場合や中止する場合があります。